審美歯科(セラミック治療)

  • ホーム > 
  • 審美歯科(セラミック治療)

審美歯科(セラミック治療)について

審美歯科とは、主にセラミックの詰め物・被せ物を使って歯の機能性・美しさを取り戻す治療です。虫歯治療のときや、現在使われている詰め物・被せ物を白く美しい材料に交換したいときなどに行われます。

セラミック治療はこのような方にオススメ

綺麗

  • 美しく、身体に優しい詰め物・被せ物で虫歯治療をしたい
  • 歯の形、色をきれいにしたい
  • 金属の詰め物・被せ物の色や金属アレルギーが気になる
  • 歯の黒ずみ、着色が気になる
  • ホワイトニングで十分な効果が得られない
  • すきっ歯を治したい
  • 歯が欠けてしまった

前歯のセラミック

前歯は表情の第一印象を大きく左右する、目立つ歯です。前歯のセラミック治療を行う場合には、セラミックのみを使用した被せ物「オールセラミッククラウン」をおすすめします。
白さ、形状を患者様に合わせて調整することができます。もちろん、歯科のプロとしてのアドバイスも行いますので、「どうしたらきれいに見えるか分からない」という方も安心してご相談ください。
また、前歯を薄く削り、そこにセラミックを貼り付ける「ラミネートべニア」という方法もあります。オールセラミッククラウンと比べると、歯を削る量が少なくて済みます。

奥歯のセラミック

奥歯奥歯は、前歯と比べて目立ちませんが、やはり口を開けたときに金属が入っていると目立ちます。強い力のかかる奥歯のセラミック治療では、人工ダイヤモンドと呼ばれる強度を持つ「ジルコニアクラウン」(ジルコニアもセラミックの一種です)や、セラミックのみで作る詰め物「セラミックインレー」をおすすめします。
ジルコニアは、透明感ではオールセラミッククラウンに劣りますが、総合的な美しさは十分に維持できます。特に奥歯に使用する場合、人に間近で見られるわけではありませんので、目立ちにくさという点でも全く問題ありません。
咬み合わせも考慮して設計いたします。

銀歯とセラミックの違い

銀歯銀歯の優れた点を探してみると…
銀歯が優れる点は、その硬度です。また、保険適用のため費用が抑えられます。ただ、被せ物も詰め物も、硬ければ良いというものではありません。適度なやわらかさがなければ、咬み合う歯を傷つけ、その寿命を縮めてしまいます。銀歯を使用することでお口の中に与える悪影響、そして将来的に必要となる治療費のことを考えると、コストパフォーマンスという意味でも、銀歯に優位性は認められません。

審美面・健康面を考え、セラミック治療をおすすめします

審美面

白く美しい陶製の材料「セラミック」は、天然歯と見分けのつかないほど自然な美しさを持ちます。

健康面

プラークや汚れが付着しにくい性質を持つため、虫歯・歯周病・着色のリスクを抑えることができます。適度な摩耗性により咬み合う歯に優しく、金属アレルギーの心配もありません。

セラミックのメリット&デメリット

メリット

  • 天然歯と見分けがつかないほど美しく仕上がる
  • 咬み合う歯を傷つけない
  • 金属アレルギーの心配がない
  • 虫歯・歯周病・着色のリスクを抑えられる
  • 口元の調和を考慮して白さを調節できる
  • 白さが長持ちする

デメリット

  • 自由診療のため、比較的費用がかかる
  • 強くぶつけたときに割れてしまうことがある

セラミックを使用している歯が痛む、しみる場合

咬み合わせが乱れている、セラミックと天然歯との間に隙間ができている可能性などが考えられます。
いずれも放置していると、顎関節症、二次虫歯といった事態に進展することがありますので、できるだけ早く、当院にご相談ください。

金属アレルギーとアマルガム除去について

詰め物や被せ物など、歯科で使われる金属が原因となって、金属アレルギーを発症することがあります。
中でも、アマルガムと呼ばれる金属にその高いリスクが認められています。アマルガムは、70~80年代の虫歯治療でごく一般的に使用されていた金属ですが、水銀を多く含み、すでに欧州の一部の国では使用が禁止されています。(日本では未だ保険適用の材料であり、実際に使用している歯科医院もあるようです)
水銀が体内に蓄積することで、臓器にダメージを与えたり、胎児に悪影響を及ぼすことがあります。
70~80年代に金属を使った虫歯治療をした方は、アマルガムが使用されている可能性がありますので、早急にご確認の上、セラミックなどの体に優しい材料と取り換えることをおすすめします。
アマルガムは、歯科医が見ればすぐに識別できます。お気軽にご相談ください。

電話番号0774-20-7788 診療時間&アクセス
一番上に戻る
TEL:0774-20-7788診療時間&アクセス