小児歯科

歯医者はいつから?

いつから?乳歯が生えたら、すぐに歯科医院を受診することをおすすめします。
乳歯は永久歯に比べて虫歯に弱い(なりやすい・悪化しやすい)ため、予防・早期発見が重要です。

子供が歯医者を怖がらないために

子供が歯医者を怖がないために当院では、「人と人」としてお子様とコミュニケーションを取るところから始めます。お口を診せてもらう、触らせてもらうことを納得していただいてから、治療へと進みます。
初めて歯科医院を受診される場合も、ご安心ください。

歯の生え変わりが遅い場合

平均的に、永久歯への生え変わりは、6~7歳頃、下顎の前歯からスタートします。個人差がありますので過剰な心配は不要ですが、先天的に永久歯がない、何らかの原因によって永久歯が生えないということもあります。

変なところから歯が生えてきた場合の対処法

乳歯の後方などから永久歯が生えることは、珍しくありません。また、ほとんどの場合、そのことが将来的な歯並びに悪影響を及ぼすこともありません。
しかし、乳歯を抜歯するか経過観察に留めるかは、歯科医の判断を要します。麻酔を避けるため、期間を置いてから抜くこともあります。

乳歯が抜けない場合の対処法

ぐらぐらというよりも、ぶらぶらとなって辛うじて残っている乳歯を引っ張って抜いても、ほとんどの場合は問題ありません。
しかし、まだ顎の骨と結合している乳歯を引っ張ると、歯ぐきが裂けたり、歯の根が折れることがあります。なかなか抜けない、食事の邪魔になる、お子様が嫌がっているという場合には、当院にご相談ください。

子供の虫歯の原因

「歯磨きの不足・不適切」は、大人と共通する虫歯の原因です。
お子様の場合、次のような“見落としがちな原因”にもご注意ください。

だらだら食べ

食事、おやつに時間をかけすぎると、唾液による歯の再石灰化が追い付かなくなり、虫歯リスクが高まります。おやつは、テレビを見ながら、ゲームをしながら食べないように習慣づけましょう。

スポーツドリンク・乳酸菌飲料

体に良さそうなイメージのあるスポーツドリンクや乳酸菌飲料には、糖分が多く含まれています。基本的には、水・お茶から水分を補給するようにしましょう。

仕上げ磨き不足

お子様が正しい歯磨きを身に着けるのには時間がかかります。仕上げ磨きは、小学校中学年くらいまで続けてあげることをおすすめします。

子供の予防歯科

歯質を強化する「フッ素塗布」、奥歯の溝を予め樹脂で埋める「シーラント」など、お子様向けの予防歯科メニューもご用意しております。
歯磨き指導では、保護者様への仕上げ磨き指導も行います。

定期検診

定期検診乳歯や生えたばかりの永久歯は、虫歯リスクが高くなります。予防・早期発見のためには、大人と同じように定期健診を受けましょう。保護者様と一緒に定期健診を受けることで、お子様の歯科への意識も高まります。

子供の歯医者で行う主な治療

虫歯治療

いずれ抜ける乳歯だからといって、虫歯の放置は厳禁です。歯並びや咬み合わせなどに悪影響を及ぼすリスクが高まります。

咬み合わせ

大人と同じように、歯並びの乱れ、顎関節症、歯のすり減り、身体の歪みのリスクが高まります。必要に応じて、咬み合わせの調整を行います。

歯ぎしり

歯並びの乱れ、顎関節症、歯のすり減りなどを防ぐため、咬み合わせの改善、ストレスの軽減、ナイトガードでの症状の緩和に取り組みます。

歯の矯正(矯正歯科・小児矯正)

お子様のうちから矯正治療に取り組むことで、大人になってからの矯正治療が不要になったり、簡単なものになる可能性が高まります。少しでも気になるときには、お気軽にご相談ください。

電話番号0774-20-7788 診療時間&アクセス
一番上に戻る
TEL:0774-20-7788診療時間&アクセス